ポケモンは元々ポケモン同士を戦わせるゲームです。

ポケモンGOでもそのシステムは残っており、ジムで戦うことができます。

ゲットしたポケモンは、たとえ同じポケモンであってもそれぞれ個体値・覚えている技が異なります。

●ポケモンの技●

従来のゲームではポケモンは技を4つ覚えることができますが、ポケモンGOでは2つとなっています。

従来のゲームでは、遺伝技など特殊なものを除き、レベルが上がるごとに技を覚え、覚えさせる技を決めることができました。

ポケモンGOではそういったシステムはなく、覚えていた時の技が重要になります。

進化させたときに技が変化する場合がありますが、このとき技を選ぶことはできません。

自分が育てていたポッポは「はがねのつばさ」を覚えていたのですが、ピジョットに進化したときに「エアカッター」に変わっていました。

ただこのとき調子が悪かったのでこれが仕様なのか、バグなのかは定かではありません。

ただ、ピジョットは防御技としては「はがねのつばさ」か「エアカッター」が良いとされていたので良かったです。

●ポケモンの個体値●

ポケモンをゲットするとCPという数値があります。

このPCはポケモンの個体値を全て合算して算出されたものらしいです。

従来のポケモンであれば攻撃力や防御力など、各項目の確認が出来ましたが、ポケモンGOでは一括数値をCPで確認するしかありません。

最新のアップデートで、自分がチームに所属していれば各チームのキャラが評価をしてくれるようになりました。

「全体的に活躍しそうだ」「HPの高さが素晴らしい」「防御が劣っている」など、正確な数値は分かりませんが大体の個体値が把握できるようになりました。

例えばCP50のポッポが2匹いたとします。

今まではどちらもCP50ということしか分かりませんでしたが、評価をすることによって「攻撃力が高い」のか「防御が高い」のか、という目に見えない部分が分かるようになりました。

なので攻撃力の高い方が良ければそういう評価をされたポッポを育てれば良いということになります。

●個体値とは●

同じポケモンでも、能力の違いや得意不得意というのが存在します。

基準より攻撃力が高いポッポもいれば、低いポッポもいます。

ですが攻撃力が高いポッポは防御が低く、攻撃力の低いポッポは防御が高いかもしれません。

そう言った得意不得意など、個々の能力値を個体値と呼びます。

個体値はどんなに強くしても変化することのない、元々の能力です。

ポケモンGOでの、ポケモンバトルの基本情報教えます。 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.